売り子通信 売り子ブログ

売り子通信

勝負の7月8連勤

7月の3日~10日は今季最長のプロ野球の試合8連勤です。

しかも、8試合中7試合がナイターということで、これまでビールに上がれなかった子にもチャンスが巡ってくると思われます。

ということで、この絶好の機会を逃さぬよう今一度ビールに上がるための要点をおさらいしましょう。

シフトはしっかり入る
あなたがどんなに売り子の才能を秘めていても、連戦に入れなければビールを任せることにリスクが生まれます。
出勤してこそのビールであることをお忘れなく。

やるべきことをする
丁寧な接客、お酒の規定量やルールの遵守、チェッカーの指示に従うなど基本的なことができていなければ次のステージには進めません。
サブアルコールの分際で何を言おうと、周囲からはわがままを言っているようにうつります。
結果さえ残せばある程度の意見は尊重されるようになるはずなので、そのレベルに達するまで尻尾は隠しましょう。

他人の杯数を気にする
「昨日100杯、今日130杯!イェーイ!」などでは成長は見込めません。
自分が売れているときは、たいてい他の売り子も売れています。
目先の結果に一喜一憂せずに、自分がどのくらいのポジションにいるのかや、他人と比べてどうなのかなどを冷静に把握しましょう。

サブアルコールで結果をしっかりと残せていれば、必ずビールに昇格できます。

まだビールの経験がない子は、この連戦を結果が出なければ売り子を辞めるくらいの覚悟をもって臨んでください!

売り子のアイドル化と客のヲタ化

今シーズンは様々なルールが増えたようです。

主要禁止項目は

・プレゼントの授受禁止

・販売終了後の配達禁止

・場内での写真撮影禁止

・関係者入り口での出待ち禁止

・SNSでの情報漏えいの禁止


などと把握しております。

10年前では考えられないようなアイドルみたいな制約ですよね。

そのうち「恋愛禁止」とかも追加されそう(笑)

そもそもなぜこんなに決まりが増えるのでしょうか?

私は一部の売り子とお客さんの向き合い方の変化であると推測します。

売り子というアルバイトは憧れの的になるような仕事ではありませんでした。少なくとも私がやっていた10年近く前は。

他球場は今でもその傾向がありますが、野球好きのゴリゴリのスポーツ女子が日焼けで真っ黒になりながらするような仕事で、読モ・サロモと掛け持ちできるような華やかさはそこにはありません。

その中にちらほらかわいい子がいる、みたいな状況です。

日焼けの心配がなく、都心にある東京ドームには、当時から売れないタレントやアイドルの卵が多かったのは事実です。

しかし、彼女たちが売り子をやる理由は芸能人としてはまだまだ売れないが、水商売はリスクがあるので、隠れて仕事しやすいというのが多かったと記憶してます。

事務所と契約している子もいたので、SNSや売り子としてのメディアへの露出が制限されていたと思います。

それが現在は全くの逆。

売り子になりたくて応募してくる子がほとんどだと聞きます。

売り子からステップアップして芸能界に行こうとする子も。

今はアイドルのジャンルとしての売り子が確立されつつあるように感じます。

一方でその状況はお客さんの反応も変えてしまいました。

先述のように、禁止項目の多くはアイドルのようなものばかりです。

野球を観ることよりも、売り子と話したり写真を撮ったりすることに楽しさを憶えてしまったお客さんが、無視できないほど増えてしまったのでしょう。

私の時代も当然少し変わったお客さんはいました。

ですが、そのようなお客さんでも、野球>売り子の構図は保っていたように感じます。

一部の売り子ファンが野球そっちのけでコンコース等で女の子に絡んでいる状況は、興行を主催している側からすれば本来の趣旨と異なるので規制が増えていくのも納得です。

大前提として野球が好きというものがないと、現在のような状況になってしまうのかなーと思います。

売り子は自分自身をアイドルと自覚してしまい、お客さんはその自称アイドルのオタクと化す。

運営側が眉を顰めるのもわかる気がします。

これを一過性のものとして規制を強めブームが静まっていくのを待つのか、球場のエンターテインメントの一部として管理に乗り出すのか。

いずれにせよ、売り子もお客さんも球場への通い方をを見直したほうがいいのかもしれません。

10日もドームがないと寂しいよね

お疲れ様です。

来週まで東京ドームで試合がないと売り子もお客さんも少し寂しい気持ちになりますよね。

そんな憂鬱を解消すべく明日からの一週間は、少々更新数を増やそうと思います。

内容といたしましては、

・売り子関連の記事や動画の紹介

・「ルール改変」観戦マナー一覧

・一週間でビールに上がるための最短コーチング

・その他雑記、野球観戦の感想など

を予定しております。

トップページも少しいじる予定なので、より読みやすくアクセスしやすいように改善を重ねたいと思います。

多くの方々にブログを読んで頂いているものの、なかなか皆さんのためになっているのか、興味や満足感を与えられているのか自信はありませんが、今後も暖かく見守ってやってください。

女子ロッカーでの会話

女の世界の裏側を少しだけ紹介したいと思います。

全部が全部悪口や不平不満で溢れているわけではありませんが、そういった内容の会話が多いのも事実です。

話題に上がるのはダントツで他の売り子への文句ですね。

次いでチェッカー。

お客さんへの不満は、よほど度を超えたような無駄絡みや、大声や奇声を発してくる"かまちょ客"出ない限りそれほど多くはありません。

やはり杯数というものがこの世界では最も重要な意味を持つので、

これが絡んでくると他人への不満や嫉妬へと繋がり心は炎上します。

想像に難くない話ですが、売り上げが伸びてきた新人はその対象になりやすいです。

ましてや売り場が同じだったりすればなおさら。

先輩の同期をも巻き込んで非難の的になります。

お客さんの奪い合いも炎上につながります。

多くの売り子が皆勤しているわけではないので、いないときにお客を取られるとそれはもう大変。

当事者の二人が同時に出勤したときは気まずい空気が漂います。

ですが、いくら先輩から妬まれようが、人の客をとろうが、自分の杯数につながるのであればそれほど気にする必要はありません。

ルールは守らなければならないとは思いますが。

足の引っ張り合いや揚げ足の取り合いはこの世界では当たり前。

また今度、私が実際に食らった先輩からの妬みを紹介しますね(笑)

メンブレ~気持ちが落ち込んだとき~

売り子をやっていると心が折れる瞬間が多々あります。

杯数が全く伸びない、先輩の売り子との付き合い、いわれのないクレーム、ビールからの転落、チェッカーからの叱咤…

挙げればきりがありません。

仕事内でのストレスはもちろんですが、

彼氏と喧嘩中とかサークルでの人間関係とか他のバイト先でのトラブルとか…

プライベートも仕事のモチベに影響しがちです。

正直なところ、落ち込まないようにするための方法はないと思います。

私が気を付けていたのは引きずらないこと

その日の夜は生まれたストレスのことを眠れないほどに考えて、どうせ疲れて寝ちゃうので朝起きたらスッキリみたいな。

かまちょなときはSNSに吐き出すこと。

ツイッターや今だとインスタのストーリーとか。

周りには煙たがれると思いますが、自分のストレス解消のほうが大事!

でもなんだかんだ同期の売り子が一番助けになってくれます。

新人の売り子さんはそんな貴重な仲間を大切にしてくださいね!

50代の客と付き合うだと!?

以前twitterでご紹介したのですが「50代男性が東京ドームのビール売り子と付き合った体験談」という記事。

なかなか、にわかには信じられません…

私の個人的な見解ですが

食事に行く=有り

一夜を過ごす=到底無し

です(笑)

しかも、初めてのご飯でって

合コンでもなかなか今の時代無いですけどね

そんなに今の大学生って緩いんですかね

これが作り話なら妄想は掻き立てられますが、、

私も官能売り子小説書いてみようかしら(笑)

キャバクラ化




「ビールの売り子のキャバクラ化」

ここ数年言われている言葉です。

「野球少年の純粋な気持ちを踏みにじるな」

とか

「野球を身に来ている客をなんだと思っているんだ」

とか

なんか的外れすぎて笑っちゃいます。

その野球少年たちがプロになってお付き合いするのは、売り子さんみたいな綺麗で活発な女性なのに(笑)

本当に"キャバクラ"化してるのでしょうか?





まず"キャバクラ"的な売り方とはどのようなものか

「ライン教えてくれたら10杯買うよ」

とか

「アフターで高めのレストランに連れて行ってあげるよ」

とか

このような売り方を"キャバクラ"的というのであれば、

このやり方で杯数を伸ばしている子はごく一部だということです。

インターネットには様々な記事がありますし、

おそらくこのような批判をされる方は「実際にその現場を見た!」という方でしょうが、

はっきり言って、このようなタイプのお客さんには売り子もうんざりしてます。

ただお客さんなので笑顔でそれっぽく返すしかないんです。

なので、売り子側も乗り気でキャバクラ営業をやってるように思うかもしれませんが、

たてまえだということをご理解ください





実際、元売り子の私もこの"キャバクラ化"は大反対です。

私が売り子をしていた10年近く前からお客さんとアフターする子は一部いましたし、売り子ブームで急速に"キャバクラ"化が広がったわけではありません。

多くの売り子さんは、野球を見に来てくださっているお客さんをより楽しませるために努力しています。

ですので、

「ビールの売り子を廃止しろ」

とか

「野球の邪魔だ」

とか

このような意見を目にすると非常に心が痛みます…





ですが、かわいい女性への僻みはつきものです。

当の売り子たちは世間の批判を気にしない図太い子たちが多いはずので、これからも遠慮なくとことんビールを売っちゃってください!

贈り物大歓迎!(笑)

プレゼントもらうなって言われても

無理じゃないですか?

どうやらお客さんからのプレゼントの受け取りが禁止されたようです。

野球場がエンターテインメントの空間であることを完全に無視していると思います。

お客さんと売り子のお互いが良好な関係を築くための一つの接客なのに、そこに運営が関与する余地はないと思うのですが…

売り子さんから聞いた話ですが、近年こうしたおかしな決まりが増加傾向にあるそうです。

売り上げの伸びていることに運営側があぐらをかいているのでしょうね。

自分が売り子をやったこともないくせに(笑)

お客さんのために作られたルールなら仕方のないことですが、今回のルールは完全にお客様にストレスを与えるものです。

ただ裏を返せば、「球場内ではダメ。その代わり外だったら何をしても責任は取りません」みたいなことだと思うので、球場外で売り子と絡めるチャンスと捉えるべきなのでしょうか?(笑)

お客様に楽しんで頂くということを忘れずに、殿様商売であぐらをかくのではなく、もっとより良い球場になってもらいたいですね。

ソフトバンクはビジターか…





明日から交流戦が始まりますね。

私の時代は、ホームとビジターで2試合ずつの4試合×6チームで合計24試合でしたが、現在はホームゲームは隔年の計18試合となってます。

2連戦とか4連戦とかで、月曜にも試合あったりして働きにくかったなー(笑)

交流戦に限ったことではないのですが、チームの状況は大いに売り上げに影響します。

やはり圧倒的に伸びるのはソフトバンク戦ですが、今年は福岡でのビジター開催…

2018年の交流戦で東京ドームで行われる試合は日本ハム、楽天、西武です。

今年東京ドームに縁のある3チームのような気がしますね。

さて、どのチームが優勝するかも含めて、交流戦を楽しみましょう!



土日は福山雅治





この土日は福山雅治のライブが東京ドームで開催されますね。

音楽ライブの時にビールの売り子が出勤するかどうかはアーティストによって異なります。

基本的にジャニーズ、女性アイドル、韓流グループの場合はアルコールの売り子はいません。

今回は”アサヒスーパードライプレゼンツ”と銘打ってあるくらいですから、アサヒビールが売れるでしょう。

ライブで売るためにはやはり男性客を逃さないことが重要です。

開場直後はお客さんもそれほどいませんが、逆に言うと一人ひとりはっきりと見えるので押し売りととられないような丁寧なおススメを心がけるといいと思います。

私はライブ時はほとんどの興行で飲料(ジュース)を売っていいたので、ライブにおけるビールの販売でアドバイスできることは少ないのですが(笑)

そんなに杯数は出ないとは思いますが、ビールを売ることになっている子は少しでも次につながるような販売にできるようがんばってくださいね!



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ゆりな

Author:ゆりな

月別アーカイブ

カテゴリ

サイトマップ (1)
コラム (16)
特集記事 (2)
用語集 (7)
日常 (3)
売り子 画像 (1)
バイト募集 (22)
未分類 (13)
東京ドーム 売り子 (25)
神宮球場 売り子 (0)
マリン 売り子 (2)
ヤフオクドーム 売り子 (2)
売り子ジャパン (1)
売り子ブログ (10)
イベント情報 (5)
売り子 動画 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人