売り子通信 2020年04月
FC2ブログ

売り子通信

今日の敵は今日の友

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第12弾は福岡PayPayドームで活躍するりょうこさんです。
今年ラストイヤーを迎える4年目の彼女に売り子の魅力をお聞きします。

S__36413452.jpg

―売り子を始めたきっかけはなんでしょう

「同じ高校の友達が先に売り子をはじめていて、そこから売り子というバイトを知りました。
私はまったく野球に関する知識がなかったので野球好きでゲームが観れるから入った!とかそーゆうことではなく、売り上げでお給料が変わるというシステムに惹かれて入りました笑」

S__36413453.jpg

コミュニケーション能力が人より長けてたため売れる自信があったという彼女。
案の定、その自信はへし折られます。

「全然売れませんでした笑
まずは先輩方のオーラに圧倒されたのを今でも覚えてます。
そして接客レベルや体力の違い、ただ単に場内を回ってるわけじゃないとか。
こんなにもたくさんのことに頭を使うバイトなんだって思いましたね。
だから1年目のときは正直思うように売れないし休みがちでした笑」


S__36413450.jpg

―そこから、どのような意識の変化があったのでしょうか?

「売れてる売り子は人それぞれ強みがあることを先輩からの指導で学んだんですけど、そのときに自分は人よりも丁寧かつ親しみやすい接客が強みであることを認識しました。
体力は全然なかったけど人見知りなくお客さんとお話しできたり、話のネタのバリエーションが多かったりそんなとこを強みとした売り子になろうと思いました。
あとは自分が売ってるエリアが三塁外野でビジター席のあるエリアなんですけど、絶対にビジター席で販売するようにしていました。
最初は敵チームのファン方だからと避けていた部分もあったんですが、信頼関係ができると絶対に長い付き合いになるという教えを先輩からいただき、かかさず行くようにしていました。」


S__36413455.jpg

野球を知らないことやビジターのエリアでの販売など、一見売り子をする上では不利と思われるようなものが、りょうこさんにとっての強みとなります。

「私は野球を知らないという弱みがあったんですけど、逆にそれを逆手にとって、敵チームのお客さんおすすめの野球選手やゲームの状況を聞くようにしたりしてました!
なので必然的にいろんなチームの選手を少しずつではありますが覚えてきました!
また遠方から来られた方には、福岡のおすすめの食べ物や観光地のお話をしたり、逆にこられた方の地方のお話を聞いたりしました。
会話のキャッチボールが続くため、またおいで!もっと聞きたい!などリピートしていただけるきっかけにはなったとおもいます!」


動員数に左右されるのもビジター側の宿命。
しかし、そんなときは常連さんに助けられているそうです。

「自分が意識してる接客力や明るさなどを評価してくれて、ありがたいことにわたしから買ってくれる方がこの3年間でほんとにとっても増えたなと実感してます。
だから1年前は対戦カードによって生まれていた大きな杯数の差も今ではあまり感じなくなりました!
それはほんとにお客さんがどんな試合でも買ってくださることが支えになってると思います!」


ペイペイドーム名物の売り子カードにも二度なれたそうです!
S__36478978.jpg


10回分のビール回数券を買っていただくと1枚ついてくるカードなんですが、誰でもなれるわけではなく、アサヒキリンそれぞれ数名がなれるんです。
売り子はそこでいろんなお客さんに顔を知ってもらうチャンスにもなるのでカードになることを目標にして頑張ってる子もいるので、選ばれたときはうれしかったです!


S__36413454.jpg

開幕を願うプロ野球ファンへのメッセージで締めてくださいました!

「私も普通に試合があって、みなさんと楽しくお話ししながらビールを注げる時間が早く来ることを願っているし、きっとまた笑顔で会える日がやってくると信じているので、今は感染拡大の終息に近づけるよう対策をしっかりしていきましょう!
そして必ずまたみんなで楽しんで野球観戦をしましょう!!

女子大生が売り子をすべき理由3傑

私が考えるビールの売り子をすべき理由は

自分の能力を試せる
明るく元気な印象を与えられる
単純に稼げる
 の3つです。

kawamura1030IMGL3913_TP_V.jpg

正直なところ、売り子をやるっていうのは私にとってメリットだらけでした。
辞めてから10年近く経った今でも、生かされていることが多々あります。
より一人でも多くの女子が売り子に挑戦してほしいので、一つ一つ解説していきます。

自分の能力を試せる

大学生になると高校生までの頃と違い、体が成熟し、上手な化粧を覚え、おしゃれになり、より一層女性としての魅力が上がる時期だと思います。
サークルに入ったり、アルバイトを始めたり、合コンしたりするでしょう。
ほとんどの女子大生がそういった場所で彼氏を作ったり、言い寄られたり、褒められたり…つまり、本当の自分を見失います
まーーーちやほやされますからね。
それを売り子の世界は妨げてくれます。
しっかり、現実を味わわせてくれるのです。
サークルや他のバイト先ではかわいい部類に入っても、売り子界はそんな子たちの集まりなので、顔面でちやほやされるのは究極のトップクラスだけです。
加えて、体力面や頭の良さも必要ですし、生まれや育ちもぜんぜん違うのですべて自分が一位というわけにはなかなかいきません。
そして、その結果は杯数として表れるので説得力もあり納得せざるを得ないのです。
謙虚さを忘れずにいさせてくれますし、自分の現在地も教えてくれます


明るく元気な印象を与えられる

これはどの世界においてもプラスです。
大学内における活動でも、新しく始めるアルバイト先でも、いずれ来る就職活動においても好意的にとらえられることが多いように感じます。
汗をかいているさまが目に見えてわかることや、野球のイメージがはつらつとした印象を与えるのでしょう。
売り子をやってることを伝えると、その先入観で例えば中の中の顔面が中の上にアップグレードされる感もありますし。
売り子経験者はバイト歴を聞かれたら、必ず一番初めに売り子をアピールする説は立証できると思いますよ。


単純に稼げる

これは人によるといえばそうなんですが、基本的にプロ野球の試合には皆勤してるレベルの売り子さんなら時給バイトよりは給料は多いはずです。
一部こちらの動画でもお話させていただいてます。

また稼げるのはお金だけではありません。
歩合制のため時間すら稼ぐことができます
例えば時給換算で2,500円というだけで、時給1,200円のアルバイトよりも1時間余るわけです。
この時間をどのように活用するかはあなた次第ですし、お金を稼いでるよりも時間を稼いでると考えたほうが、良い人生を送れているような気になりませんか。
そして、上記であげた二つような無形の財産も稼ぐことができます。



以上が女子大生が売り子をすべき理由です。
私自身売り子を4年間やりましたが、つらいことや苦しいことはあっても後悔したことは一度もないです。
今年はプロ野球の開幕が遅れているので、売り子の職業がどうなるかはわかりませんが、準備期間だと割り切って
また募集もかかるかもしれませんし、迷ってる方は売り子通信で売り子のイメージを膨らませてみてください!

セクシーすぎる売り子

今回ご紹介するのはインスタ、TikTokで大人気のぽぽちゃんです!

S__36454405.jpg

かつてビールの売り子でここまでセクシーな子がいたでしょうか!

S__36454407.jpg

これはビールどころじゃない…
インスタでは10万人以上!
TikTokでは36万人以上のフォロワー数を誇ります!
この美しさとセクシーさなら納得…

最近はユーチューバ―としても活躍中です!!



そんなこれからもいろんなところから目が離せないぽぽちゃんは下のリンクから見れますのでぜひ!
YouTube
TikTok
Instagram
Twitter

新庄剛志という男

新庄剛志さんがNPBへの復帰を目指して日本に帰国!
ということで、彼が魅せてくれた数々のプレーを勉強しましょう!
20200416-04160270-sph-000-1-view.jpg

まずは新庄選手のワールドクラスの守備集です


時には敬遠球を打ちサヨナラ


時には投手として登板


オールスターではホームスチール


ゴレンジャーや珍プレーも


いろんな伝説を残してきたSHINJO。
次はどんな新庄劇場で私たちを楽しませてくれるのでしょうか。

黄金ルーキーの現在地

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第11弾はマツコ会議でもお馴染みのカイヅちゃんです!
3年前に史上最速でビールを背負った彼女はいま、売り子としてどのように成長したのでしょうか。

S__36388866.jpg

はいってすぐにテレビ番組で特集されましたね。
反応どのようなものだったのでしょう?

「お客様に「テレビの子だ!応援してるよ」と声をかけていただいたり、「注ぎ方上手になったね」など褒めていただいたりすることがたくさんありました!
昨シーズンでもたまにテレビで覚えてくれているお客様もいて嬉しかったです!
嬉しい気持ちもたくさんあった反面、テレビにでたことでのプレッシャーもありました
日々プレッシャーと戦いながら常に明るい接客とおもてなしの気持ちを忘れずに、選ばれる売り子さんになれるよう向上心をもって頑張る努力をしています。」


S__36388868.jpg

彼女の売り場はバックネット裏。
どのような接客を心がけているのでしょうか。

「1人で観にくるくらい熱血の野球好きなお客様や年配の方が多いエリアなので、お話は短めにしたり、姿勢は特に低めにして販売したりすることを気をつけています!
シーズンチケットのお客様も多いので、一人一人の顔をしっかり覚えることも重要です。
また、野球についても少しでも多くの知識を得て、お客様にとって会話が少しでも楽しくなるような意識も心がけました!」


S__36388869.jpg

カイヅちゃんに会えることを楽しみにしている方も多いと思います!
そんなお客様へメッセージをください!

「コロナウィルスの影響で大変ですが、みんなで乗り越えてまた東京ドームがたくさんの歓声で賑わう日が来ることを楽しみにしています!
その時はお客様にとって最高な日になるようビールでおもてなしさせてください!
私も外出自粛でお休みしてる分、働けるようになったら全力で明るい素敵な売り子さんを目指して頑張りたいと思っています!」

再開から一か月

こんにちは。

コロナウィルスが未だ収束の兆しも見えない中、売り子・野球ファンの皆様もさぞストレスが溜まっていることとお察しします。

本格的に再開して1ヶ月が経ちました。

多くのお客様や売り子さんたちのご協力の甲斐あって無事に毎日更新できております。

ただ、いかんせん野球がないのでネタ集めには四苦八苦してますが(笑)

とりあえず手当たり次第にアップしてきましたが、いろんな改善点も自分の中で見つけたので、少しでも皆様が読みやすく気軽にアクセスしやすい環境づくりをしていきたいと思います。

インスタの更新のしかたやブログのカテゴリなど、変える部分があるかもしれませんがぜひお付き合いいただければと思います。

皆さんのご健康を祈るとともに、プロ野球の再開を信じて一緒に備えましょう!

経験の為す売り子の悦

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第10弾はメットライフドームをはじめ様々球場での売り子経験をもつあみさんです!
今年で売り子4年目の彼女に、メジャーな球場から地方球場までいろんな球場の特色をお伺いします!

S__36380677.jpg

―いままでに経験した球場を教えてください!

「メットライフドーム、東京ドーム、楽天生命パーク宮城、上毛新聞敷島球場、あとは熊谷ラグビー場で売り子をしました。」

―売り子を始めたきっかけは?

「大学生になってアルバイトを探していたんですけど、なかなか受からなくて(笑)、唯一受かったのがメラドでの売り子のアルバイトだったんです。
たまたま募集しているのを見つけて、野球が好きだし球場で働けたらいいなと思って軽い気持ちで応募しました。」


S__36380676.jpg

東京ドームでも売り子を始めた彼女ですが環境の違いにとまどいも。

「球場が変わるとこんなにもすべてが異なるんだと戸惑いました。
特に強く感じたのは求められているモノ・コトの違いでした。
個人の杯数と自社のシェア、手際の良さなどが求められていて、それまであまりそういった部分に意識を置いていなかったので、新たな環境で自分自身を見直すきっかけにもなりました。」


他球場から東京ドームにきた売り子さんの多くは環境に戸惑いますが、あみさんはその経験をポジティブにとらえます。

「売の仕方に幅が増えたという点がプラスになりました。
売れる杯数やお客様の人数、販売できるエリアの広さなどドームと異なる点は多いですが、売れる波のピークが来ている時に格段に手際良く売れるようになったり、基本的なことですが、売りながらあの場所チャンスだなとかって周りを広く見られるようになったり、どれもちょっとしたことではあるんですけれど、違いを踏まえて少し活用していました。」


S__36380679.jpg

―宮城で感じた違いは??

「背負ってたショルダーを売り終わった後に自分たちでしっかり綺麗にする点と杯数を自分でも管理する点が印象に残りました。
どちらもチェッカーにやってもらっていたことだったので、ありがたさを痛感しました。
(特に売り終わった後のショルダーは汗臭いはずなのに(笑))
キャッシュレス決済も印象に残りました。
決済するのに少し時間がかかるのですが、その間にお客様とコミュニケーションがとれるので、お客様との会話を売り子の楽しみのひとつにしている私にとっては嬉しかったですね。
(他球場と比べても特に)全体的に体育会系の部活動のような雰囲気があり、中高生時代に戻ったようで楽しかったです。」


S__36380678.jpg

あみさんの特徴は地方でも売り子の経験があることです!
なかなか上毛で売り子をする機会はありません。

「上毛新聞敷島球場は私の地元にあって、高校野球を観るために本当によく通った球場だったんです。
だからその球場で売り子ができるということが嬉しくて、地元凱旋!!のような気持ちでした。
普段売っている野球場よりも規模が小さく通路も狭いため、周りのお客様の邪魔にならないように、普段よりも強く気をつけながら売りました。
また、チェッカーがいなかったりお金の管理もアナログだったりで大変でしたが、そういった面で初心に返って売り子をすることができたと思いましたし、改めて売り子の楽しさを実感できました。」


S__36380674.jpg

さらに、昨年開催されたラグビーW杯でも売り子をしています!

「熊谷ではラグビーW杯の売り子をしたのですが、外国人の方が多くコミュニケーションの面で少し苦労しました。球場で売り子をしている時も、外国人の方に買っていただく機会があるので、売り子の話というよりは勉強の話になっちゃいますが、やっぱり英語はもっと勉強しておくべきだなあと感じました(笑)。
また、慣れない缶ビールで、素早くお客様を捌くことが出来なかったのが心残りでした。」


いろんな場所で売り子を通して貴重な経験を積んでいるあみさんが羨ましく感じました。
最後に再開を願うお客様にむけてメッセージを頂戴しました!

「いつかきっと来る、野球場で野球を楽しめる時に向けて。
いまを共に乗り越えられたらと、売り子として、野球ファンとして、願っています。
そしてその時に、みなさまに野球をより一層楽しんで頂くためのビールを提供できたら嬉しいです。」

ギャラリー集

メラドの女王なみこさんのギャラリー集です↓↓↓

1.
S__36356102.jpg

2.
S__36356100.jpg

3.
S__36356098.jpg

4.
S__36356103.jpg

5.
S__36356101.jpg

捕手キムタクと追悼試合

プロ野球ファンのお客様との会話を弾ませるために名場面集の紹介をしていきます。
できるだけ球団の偏りがないように、満遍なくお届けしたいと考えてます。
今回は木村拓也さんの特集です。

2009年9月4日東京ドームでのヤクルト戦。延長11回裏に途中出場していた加藤健捕手が頭部に死球を受けて交代します。


キャッチャーは使い果たしており、そこで白羽の矢がたったのが元々キャッチャーとして入団した木村拓也さんでした。


公式戦では10年ぶりのマスクでしたが、きっちりと仕事を果たし巨人を負けのピンチから救います。


無題1
試合後のインタビューで解説席に座っていた広島時代の恩師・山本浩二さんから「涙が出たぞ!」と最大級の賛辞。
サインはコーチが出す予定だったものの、ベンチを見る余裕がなく木村さんがリードしていたそうです。



引退後はジャイアンツのコーチとして後進の育成に尽力していましたが…
2010年4月2日、本塁付近でシートノック中に突如として意識を喪失しそのまま倒れ込み、クモ膜下出血より4月7日に息を引き取りました。
まだ37歳でした。

無題2

突然の死去から約二週間後の4月24日に追悼試合が行われ、息子さんが始球式をつとめました。



そして、その試合。
巨人2-3のビハインドで迎えた8回裏。
1アウト満塁の場面で打席に向かうのは木村拓也の同級生・谷佳知でした。
その4球目…


打球はレフトスタンドに飛び込み、プロ入り初の満塁ホームラン!
巨人が逆転勝ちに成功しました。
「白球は!木村拓也へ、思いよ届け!!」という実況が胸をうちます。

試合後、ヒーローインタビューで涙ながらに想いを語る谷選手。


どちらの試合も私は売り子で出勤してて、木村さんキャッチャーをした時にはもう家に帰ってる途中でしたが、追悼試合は凄い熱気だったのを憶えています!
木村さんが亡くなられたのは本当に残念ですが、このドラマを球場でお客様とともに経験できた貴重な財産です。

ライトを照らす向日葵

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第9弾は東京ドームのライトで一時代を築いたまりなさんです!
なかなか困難な売り場で彼女がどのように杯数を作り出したのかを深く掘り下げます。

S__36331525.jpg

学生生活の6年間を売り子に費やしたという彼女ですが、ビールに定着するのは3年目からだったそうです。

「それまでは休むことも多かったりで真剣に取り組んでなかったです。
ところが、2年目のシーズンが終わる時、仲良しの先輩に辞めるからその場所を引き継いでほしいって言われたんです。」


売り場はライト。
熱狂的かついつも変わらぬ顔ぶれのお客様が並ぶこの場所は、目の肥えたファンが多くなかなかの難所です。

「お客さんはいつもほぼ同じメンバーで、販売中の半分は立って応援しているっていう特殊な場所で(笑)
他社の売り子さんも入れ替わりのない、いつも同じメンバーで売り子するっていう中で、自分がいかにお客さんに顔を覚えてもらえるか買ってもらえるか考えました。
それに加えて先輩から引き継いだ大事な場所というのもあってプレッシャーも感じてました。。」


外野あるあるとでもいいますか、この売り場ならではの洗礼が彼女を襲います。
しかし、それと同時に受け入れてくれるのもライトの特徴です。
巨人に詳しくなればなるほど、自然と距離が縮まっていきます。

「オープン戦初日に売り子したときはすごく疎外感感じたのを覚えてます(笑)
他の売り子さんたちは「○○ちゃんおひさしぶりー!」と声をかけられてる中で「あの子誰?あー○○ちゃんの後輩ね、」みたいな視線を感じてました(笑)
その一方で「まりなでしょ?○○ちゃんから聞いてるよー!これからよろしくね!」
といった温かい言葉もかけてもらえて、「あー売り子っぽい!!!仲良くしてください!!」とお客さん達に対して思ったのも印象に残っています!笑
ライトスタンドのみなさんは本当に巨人が好きで、みんなで楽しく応援しようと考えてる人が多いように感じたので、私も巨人の選手のみなさんの応援歌やデータを覚えたり相手チームのざっくりとしたデータを覚えたりして、ビールを売るというよりは一緒に応援しようと思いました。
覚えるまではすごく大変でしたけど、最終的には売り子そっちのけでみなさんと巨人を応援してました(笑)


顧客がつく売り子さんは全員といっていいほど頭で考え自分のスタイルを完成させます。
しかし、何を考えどうしたらいいのかわからない子も多いと思います。
そんな子たちにむけて、まりなさんは優しく教えてくださいました。

S__36331527.jpg

「意識として大切なことは、お客様の立場になって考えてみる。だと思います。
球場には静かに応援したい人、みんなでワイワイ応援したい人、様々な方がいらっしゃいます。
そんな方たちの応援のサポートをするのが売り子の仕事です。
なので、自分に求められているものは何なのか、ビールだけなのか、試合の話もするべきか、そういうことを考えてニーズに応えることはすごく大事だと思います。
それができるようになったら自分のキャラクターみたいなものが確立されるんじゃないかなーと思います。
また、みなさま楽しむために来ているので、笑顔も大事だと思います。全然売れなくて辛いときはたくさんありますが、そこで疲れを見せてしまったらお客様の気分を害してしまうかもしれません。
そういうことを考えて、どんなに辛くても笑顔を忘れない
どうしても笑顔を作るのが難しい時は、少し上を向くだけでも与える印象は全く違うと思います。
そういう小さな努力を見てくれてる人は必ずいて、「いつも頑張ってるよね」とか言われた時はもう泣きそうになるくらい嬉しいです!それがまたやる気につながって、、、っていう繰り返しで6年間続けられたんだと思います。
最初は売れたいって気持ちを少し抑えて、どうやったら自分もお客様も楽しめるかを考えて売り子してほしいなと思います。」


売り子としての杯数が伸び悩んでる子や、いまいち気持ちが乗っていない子はぜひとも参考にしてほしいです。
最後にまりなさんが売り子の仕事から得られたものや、人生に生かされていることを伺いました。

人のために働くことの意味を教えてもらいました!
一緒になって楽しんだり、負けた時は悲しんだり、お客様の気持ちに寄り添う。自分中心ではなくて、買ってくださるお客様がいるから自分がいるんだという謙虚さは忘れない
そして、第一に自分が楽しむ
この経験があったから、今の仕事を楽しみながら働けているんだと思います。
こうやって久々に売り子をやっていたときのことを思い出すと、仕事だけではなく、人生においてもこの経験を生かしていかないともったいないと改めて思いました!」


売り子の経験をしっかりと人生の糧にしているまりなさん。
彼女の未来は売り子をのとき以上に輝きそうな予感がします!

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

urikobeergirl

Author:urikobeergirl

月別アーカイブ

カテゴリ

売り子の神髄 (34)
アナザーフェイス (3)
特集記事 (5)
用語集 (0)
売り子 画像 (2)
バイト募集 (28)
売り子通信プロジェクト!! (0)
未分類 (11)
売り子ジャパン (1)
イベント情報 (7)
売り子 動画 (3)
東京ドーム 売り子 (14)
神宮球場 売り子 (1)
ZOZOマリン 売り子 (6)
ヤフオクドーム 売り子 (11)
メットライフドーム 売り子 (7)
ナゴヤドーム 売り子 (4)
ハマスタ 売り子 (1)
甲子園 売り子 (2)
マツダスタジアム 売り子 (1)
札幌ドーム 売り子 (0)
楽天生命パーク 売り子 (4)
京セラドーム 売り子 (0)
杯数アップ (3)
思ったこと (14)
売り子になるには (4)
元売り子ブログ (20)
質問集 (0)
野球のお勉強 (12)
サロン会員限定 (6)
野球と売り子 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人