売り子通信 数字が教えてくれること
FC2ブログ

売り子通信

数字が教えてくれること

「杯数を上げるための現状把握」

第1弾は杯数チェックです。

ただ意味もなく自分や他人の杯数を眺めても意味がありません。

ところが、多くの売り子はまるでゴシップ記事をあさるように人の売り上げを気にします。

頭を使って杯数を紐解けば、自ずと売り上げの向上につながります。

見るべき数字のポイントをしっかり押さえて他との差をつけましょう!





1ヶ月の推移を確認する
que-13168255843.png

例えば1ヶ月皆勤したとします。
試合ごとの売り上げの推移を折れ線グラフのようなイメージでたどってみてください。
そうすると、よかった試合と悪かった試合がはっきりと浮かび上がります。

それをもとに分析すると
「第1週の火曜日は低調だったが、第4週の火曜日は月で最も杯数が出た」
「第2週の日曜日に劇的に杯数を落としている」
などというような具体的な杯数の良し悪しを見つかることだと思います。

次にそれはなぜだったのかを考えます。
「第4週の火曜日は給料日直後だったため全体的に売り上げが伸びていた」
「通常と異なる売り場だったため顧客がいなかった」
という要因を推測できます。

振り返ることで改善点や継続すべきことがわかってくるでしょう。

販売ペースの確認
ipadmini5.jpg

月単位の次はその試合1日を振り返ります。
ここで活用する数字は販売ペース、すなわち「自分が背負っている樽を交換するのにどのくらいの時間がかかっているか」という数字です。
(具体例)
1回目 25分
2回目 20分
3回目 30分
4回目 35分
5回目 45分
それぞれの樽交換に時間がかかったとします。
ここから分析できることは、
1回目は試合開始前で落ち着いたスタート、2回目は試合開始前後に来場したお客さんを捕まえられている、3回目までは食らいつけていたが、その後は尻すぼみな結果。
と、このような感じです。

ここから課題が後半であることがわかりますね。
では、その後半の弱さを解消するためにどうするかを考えます。
「杯数の見込める顧客作り」
「当日客のビール許容量の見極め」
といったあたりが改善点として挙げられるでしょう。

自分自身の体力や性格も考慮しながら販売中のペース配分を整えていくことも売り上げ向上のカギとなります。

他人の杯数
check_list.png

自分の数字を分析し終えてはじめて他人の杯数を気にする意味が生まれます。
上記のポイントを同じ売り場の売り子さんたちにも照らし合わせていくことで、それぞれの売り子さんの長短がわかり、攻めどころやほころびを見つけることができるはずです。
他の売り子にあって自分に足りないものは何なのか。
それが把握できれば続く第2弾もきっとあなたのためになるでしょう。

―つづく





≪関連リンク≫
マリン杯数ランキング 中間発表
【動画】踊る!広島の売り子さん
【動画】サントリーの売り子さん
【動画】売り子の樽交換(樽替え)
【特集】東洋経済オンラインの売り子記事
【画像】ZOZOマリンの天使すぎる売り子【動画あり】
【動画】明日はビール500円🍺
関連記事

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

ゆりな

Author:ゆりな

月別アーカイブ

カテゴリ

特集記事 (3)
用語集 (7)
売り子 画像 (2)
バイト募集 (22)
未分類 (4)
売り子ジャパン (1)
イベント情報 (7)
売り子 動画 (2)
東京ドーム 売り子 (6)
神宮球場 売り子 (0)
ZOZOマリン 売り子 (3)
ヤフオクドーム 売り子 (4)
メットライフドーム 売り子 (2)
ナゴヤドーム 売り子 (1)
ハマスタ 売り子 (0)
甲子園 売り子 (0)
マツダスタジアム 売り子 (1)
札幌ドーム 売り子 (0)
楽天生命パーク 売り子 (1)
京セラドーム 売り子 (0)
杯数アップ (20)
思ったこと (3)
売り子になるには (2)
元売り子ブログ (19)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人