売り子通信 売り子の神髄
FC2ブログ

売り子通信

きっかけは母が勝手に!?

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第32弾は東京ドームのはるかさんです。

S__38486023.jpg

―売り子歴は?

今年で3年目です。

―きっかけは?

母がバイトルで勝手に応募してて面接に行かされたことです☺︎

S__38486019.jpg

―ジャニーズの応募理由みたいです(笑)売り子を始め頃はどのように感じましたか?

華やかで楽しそうなイメージでしたが、実際は違くて数字の世界でとても大変でした💦
ビール持つ以前にハイボールとか酎ハイも全然売れなかったから、サブアルで数字を出すのに苦労しました💧


S__38486022.jpg

―はるかさんの接客術は?

一度買ってくれた方の顔は絶対覚えているようにしていることと、最初から最後まで笑顔で販売するようにしています!
職場の方やお客様から愛される売り子になりたいです。


S__38486021.jpg

―最後にお客様にメッセージをお願いします!

みなさんとまた一緒に野球応援できる日が来るのを楽しみにしています。
これからもよろしくお願いします^_^

30秒の使い方。

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第31弾はナゴヤドームの立山うららさんです!

S__38264839.jpg

今年で4年目。
球場の雰囲気、何より野球が大好きな彼女は、この中で働きたいと思い応募します。
女の世界特有のギスギスした怖いイメージで入ったものの、そんなことは全くなく、優しい先輩や同期ともすぐ仲良くなれたそうです。
それよりも苦労したのは樽の重さ
予想以上に体力を奪われ、売上を伸ばすことの大変さを思い知ります。

S__38264837.jpg

アサヒへのこだわり
3年目を迎えるまで売上を伸ばしたいという気持ちや貪欲さがなく杯数を出せていませんでしたが、アサヒの樽を背負うことで彼女の意識が変わります。
(ナゴヤドームでは基地の仕組みにより、上位の売り子がアサヒを背負う)
どんな状況でも絶対諦めずに誰よりも粘り強く販売することが売上結果に比例し、アサヒをずっと持ち続けられるようになります。
「アサヒを持ち続けるためには、アサヒを持つ人たちの中で勝ち続けなければ降格してしまいます。
そこで、売上を伸ばすために私が1番大切にしてたのは、基地降格をしたくない!アサヒビールを持ち続けたい!という強い気持ちです。
そこから売り子の本当の楽しさや、売れる喜びを味わうことができるようになりました!」


S__38264834.jpg

弱みを強さにかえて
「私には常連さんと呼べる方が比較的少なく、以前はそれを弱みだと捉えてましたが、逆にその分イチゲンさんをターゲットにしてるところがあります。
スピードで勝負しているので、お客様とたくさんお話するようなゆっくりな接客は正直しません。
その代わりビールを注いで、金銭のやり取りをする30秒の間をいかに有効に使うかは考えています。
お客様の顔と席を覚えることがかなり苦手なので、まずは服装の特徴を必死で覚えるか、何となくの場所を把握します。
次にお酒が強いのか、たくさん飲むのかをお聞きして、たくさん飲むのであれば今日はそこの列にたくさん降りてみようと頭の中で計画を練ります
最後は応援してる球団の選手の話題を出してお客様に喜んでもらえれば私も嬉しくなります。
そういった接客をすることで、リピーターとして買ってくださることに繋がっていきました。
売り方の面ではビールを求めてるお客様のところに誰よりも早く駆けつけるという意識を持って、常に周りを見渡し他の売り子の動きを見ながら動き回ってます!」


S__38264838.jpg

次の世代への伝言
「私にとって売り子は、人生で最も熱中し、頑張ったと胸を張って言えるほど濃く充実したものでした。
基地変動や、順位がつけられる、過酷なシステムの中で、仲間と切磋琢磨し頑張れたことは私にとっては大きな財産です。
4年目を楽しみにしていましたが、今年は売り子をすることが難しいのが現実だと思います。
もしもこのまま引退という形になってしまったら、残念な気持ちがないとは言えません。
ただ、毎試合120%の力を出して、3年間売り子をやり切ったので後悔はありません
来年以降コロナが収まり、売り子ができる後輩の子達には、売り子ができる環境がある、待ってくれてるお客様がいるということを当たり前と思わず、常に感謝の気持ちを持って全力投球で売り子生活を全うして欲しいと伝えたいです。」


自分自身のことだけでなく、後輩たちのことまで思って真剣にインタビューに向き合ってくださったうららさん。
彼女のようにラストイヤーの売り子さんに、販売の機会が来ることを願っているのは私だけではないはずです!
最後にお客様にもメッセージを頂きました!
「プロ野球が開幕し、売り子が出来るようになったら、一緒に球場を盛り上げて行きましょう!!
はやくお客様に会いたいです!!」

進化の2年目

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第30弾はナゴヤドームのもえさんです!

S__38182919.jpg

今年で2年目のもえさん。
高校で野球部のマネージャーをしており引退後も野球に関わっていたいという思いから売り子を始めます。
ナゴヤドームに観戦に訪れた際のキラキラした売り子の姿に憧れを持ったそうです。
しかしそこは売り子の世界。
イメージとのギャップが待ち受けます。
「自分が想像していたより何十倍も樽が重く初めは持つだけでフラフラしてしまったり、1試合フルで売り続けると最後の方は階段がすごくきつくて、心が折れそうになったりと体力と精神力がとても必要でハードな仕事だと思いました。」

S__38182918.jpg

常連さんや仲間の助け
試合の後半のきつい中でも、最後まで笑顔で売り続ける先輩の姿を見て、ビールを売るために努力をし続けることのカッコよさを感じます。
そんな先輩たちに近づくために、自宅で腹筋したりいつもはエスカレーターを使うところを階段にしてみるなどの努力も怠りません。
試合を重ねていくことの慣れもあり、徐々に体力も精神力もついていきますが、一番は周りの人々の支えが力になったようで。
「辛いことがあった時に同期の売り子と励ましあったり、常連さんに「待ってたよ、ありがとう」って言ってもらえたり。
そうして、自分の自信になるような経験が日に日に増えて、同期との絆も深まっていき、乗り越え方を覚えられたんだと思います!」


S__38182917.jpg

増えていく楽しみ
そんな常連さんの言葉や同期との切磋琢磨がいつしか売り子をする喜びにつながります。
「常連さんからいろんな嬉しい言葉をかけて頂いたり、新規のお客様にもかかわらず、その日何回も買ってくださって「ありがとう」って言って頂くと、どんなにしんどくても忘れちゃうくらい嬉しくて、やっていて良かったなと思う瞬間です。
あとは試合の前後で同期と一緒にご飯を食べている時もすごく楽しくてそれも売り子に出勤する楽しみの1つです」


S__38182915.jpg

理想の売り子像
お客様に楽しい時間を過ごしてもらうために、いろんな工夫をもって販売している様子が伺えます。
「どのお客様にもまた買いたいと思ってもらえるくらい、ビールを注ぐ間の数秒の会話や表情などでビールだけじゃなく買う時間も楽しんでいただけるような売り子になることです!
私はいつも3塁側を回ることにしているので、試合前にエグゼクティブシートから46通路まで3塁側全体を1度回っては常連さんがどこに来ているのか確認してから回るようにしています!
試合中は応援席側かエグゼクティブのどちらかを中心に、1度頼んでくださったお客様が飲み終わる頃にもう一度通れるように回ることで、お客様の居心地の良い観戦に貢献できていれば幸いです!」


S__38182920.jpg

2年目にもかかわらず向上心あふれる回答をしてくださったもえさん!
最後にお客様に向けてメッセージを頂きました!
「今はドームに行って皆さんとお会いしたりビールを注ぐことが出来ないのがすごく寂しいですが、必ずまた球場でお会い出来る日は来るので、その時を楽しみにしています!!
開幕したらぜひ声をかけてください😊
お待ちしております!」

絶やさぬ笑顔

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第29弾はナゴヤドームのさほさんです!

S__38141956.jpg

―売り子歴は?

4年目です!

―売り子を始めたきっかけは?

友人からのおすすめで一緒に面接へ行ったのがきっかけです!

―イメージと違ったことは?

思ったより売り子の人数が多いこと、販売ルールが思ったより多かったです!

S__38141957.jpg

―販売で心がけていることは?

私はチアリーディング部に所属していて、高校から大学まで続けていました。
なので笑顔を絶やさないこと、元気に接客して第一印象をよくすることを心がけています。
あとはお釣りを出すスピードをいかにはやくできるかは工夫しています。
お客様が千円札を出すそぶりをみせたら三百円をすぐ用意しています。

―売り子をしてて楽しいときは?

「笑顔を見ると買いたくなる」「またお願いね!」など嬉しいお言葉をいただいたときです!

S__38141954.jpg

―目標の売り子は?

私が一年生の頃四年生で1番の売り上げだったりなさんという先輩が目標です!!
常に笑顔で余裕がありみんなから愛されている存在でした!
後輩の私にも挨拶を丁寧に返してくれて私もこの先輩のような売り子になりたいと思いました。

―メッセージをお願いします!

私たちも一日でもはやく売り子ができるように祈っています、
ナゴヤドームはとても温かいアットホームな球場なので皆さん是非ナゴヤドームに遊びに来てください!
待ってます!

目指すはかっこいい売り子

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第28弾はナゴヤドームのみれいさんです!

S__37953545.jpg

―売り子歴は?

今年で二年目です!

―売り子を始めたきっかけは?

高校生の時に売り子というアルバイトを知って、友達といつかやろうねと言っていたのが実現しました!✨

S__37953547.jpg

―始めた当初との心境の違いは?

最初は売れるのかと、樽が重いという不安がありました。
いざやってみると、売れる売れない以前に、お客さんはいつも優しく接してくれるし、いろんな人とこんなにお話できて、楽しいお仕事他にはないなって思いました。
でも樽は相変わらず重いです笑笑


―接客で意識していることは?

わたしから買っていただいて、少しでもわたしから買ってよかったや、また買いたいと思っていただけるように、コミニケーションと笑顔は心掛けています。
去年の今頃は、入ったばっかで売るのに精一杯でしたが、後半になっていくと、会話すると楽しいということに気づき、わたしの気持ちも売れるのかという不安よりだんだん売り子が楽しいって思うようになっていきました。


―理想の売り子像は?

どんな時でも笑顔を絶やさずに、丁寧な対応にできたらいいなって思ってます。
お客さんだけでなく、売り子や警備員の方などどんな人にも気持ちの良い挨拶ができる先輩方のようなかっこいい売り子になりたいです。


S__37953548.jpg

―お客様にメッセージをお願いします!

今年は、大変な年になってしまいました。
観戦ができて、売り子も活動できた際はみんなさんで一緒にナゴヤドームを盛り上げて行きましょー!
またみなさんにお会いして、ビールを注げる日を楽しみに待ってます!

溢れ出る優しさ

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第27弾はメットライフドームのはるさんです!

S__37281801.jpg

売り子歴は今年で4年目。
西武ドームが実家から近く、小さなころから野球を観る機会が多かったため、そこで目にする売り子さんに憧れを持ちます。
高校生のときにチケットのもぎりのアルバイトを始めますが、売り子さんたちを目にする機会が増え、徐々に売り子を自分もやってみたいという思いが高まっていきました。
一年足らずでもぎりは辞め、念願の売り子に転身します。

最初はバルーンピッチャー
晴れて売り子になりましたが、思い通りに行きません。
彼女が任されたのは同じ売り子でもバルーンピッチャーの対応
なかなか場内に出る機会をもらえず葛藤します。
他の同期は売り場に出ているのが悔しくて、私がやりたいのはこれじゃないんだよな~ってずっと思ってました😢
でも対応の売り子をしてるときは、売り場に出ている売り子さんの動きが見れるのでその時にめちゃめちゃ勉強しました(笑)
それで店長にどうにか頼み込んで、やっと安定して客席に出て売り子が出来たのは2年目でしたね。」


S__37281796.jpg

同期に追いつくために
不満しかない1年目でしたが、その下積みがのおかげで今があるというはるさん。
同期とついた一年の差や常連さんがゼロからのスタート。
それを埋めるべくいろんな人にビールを買ってもらえるように奮闘します。
「お客様に私の動きが分かりやすいようにドーム全体を順番に歩くようにしてました😊
できる限り階段も登るようにはしてますが、これはなかなか体力的に厳しいです(笑)
あとは常に笑顔で居ることも大切にしてます。
空調もないし勾配キツいドームではありますが、そんなところだからこそ辛い顔は見せられないなって!
あとは接客ではないですが、すれ違う売り子さんには必ずお疲れ様ですって声をかけています
みんな可愛いから癒されたい!(笑)って気持ちもありますが、なんか元気になれる気がして!」


S__37281799.jpg

買いたくなる売り子になる
同じ売り子にも声をかけるところに、はるさんの人柄がよく表れています。
努力のかいもあり、はるさんにも常連さんができていきます。
そんなお客様の言葉に元気づけられるのだとか。
「はるちゃん待ってた~!」とか「はるちゃんからしか買ってないんだから早く来てよ!」って言って貰えることがやっぱり嬉しいです😊
売れない日も「今日大変でしょ~」って言って差し入れくださったり、話を聞いてくださったり本当にお客様に恵まれているなあって感じます😭😭
1度は買ってみたいって思っていただけるような売り子になりたいです!
常連さんになってくれなくてもあの子からビール買ってみたいな~って思って頂けるだけで嬉しいです😊
買ってくれたらもちろんもっと嬉しいですが(笑)


S__37281800.jpg

最後まで優しさが溢れていたはるさん。
お客様にむけてメッセージを頂きました!
「はやく開幕して欲しい気持ちでいっぱいですが、皆様体調には気をつけて笑顔で球場でお会いしましょう!😊」

売り子の神髄 バックナンバー

【売り子の神髄】
~売り子から売り子へのインタビュー~

#31 立山うららさん(ナゴド)
【30秒の使い方。】

#30 もえさん(ナゴド)
【進化の2年目】

#29 さほさん(ナゴド)
【絶やさぬ笑顔】

#28 みれいさん(ナゴド)
【目指すはかっこいい売り子】

#27 はるさん(メラド)
【溢れ出る優しさ】

#26 かなみさん(メラド)
【気遣いが生む神対応】

#25 いずさん(福岡D)
【工夫に溢れた販売技術】

#24 ゆめさん(東京D)
【目指すはアンパンマン!】

#23 まなさん(メラド)
【JKでの売り子デビュー】

#22 あかりさん(ナゴド)
【一人ひとりを大切に。】

#21 ゆりかさん(福岡D)
【杯数一桁からの逆襲】

#20 しほさん(メラド)
【感謝と笑顔の13年】

#19 なほさん(東京D)
【負けず嫌いなエンターテイナー】

#18 ゆきのさん(福岡D)
【七色の接客テクニック】

#17 かほさん(ナゴド)
【華麗なる転身】

#16 れいなさん(東京D)
【飾らずに、誠実に。】

#15 しおりさん(福岡D)
【プレミアムは努力の結晶】

#14 なみこさん(メラド)
【お客様と共に歩む17年】

#13 みささん(東京D)
【競争こそ成長への近道】

#12 りょうこさん(福岡D)
【今日の敵は今日の友】

#11 カイヅちゃん(東京D)
【黄金ルーキーの現在地】

#10 あみさん(メラド)
【経験の為す売り子の悦】

#9 まりなさん(東京D) 
【ライトを照らす向日葵】

#8 ゆりあさん(福岡D) 
【女王が女王たる所以】

#7 ひなさん(宮城) 
【杜の都の元気印】

#6 なおさん(東京D) 
【美しき売り子の具現化】

#5 青野夏稀さん(東京D) 
【女王の極意】

#4 駿河知佳さん(ナゴド) 
【世界のSURUGA、かく語りき】

#3 小林由依さん(東京D) 
【知られざるペプシに迫る!】

#2 りかさん(メラド) 
【継続の力と確かな技術】

#1 こざわかすみさん 
【Bリーグにも売り子はいるんだ!】

気遣いが生む神対応

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第26弾はメットライフドームのかなみさんです!

S__37715972.jpg

野球観戦好きが高じて売り子に興味を持ったかなみさん。
汗でメイクはぐしゃぐしゃになるし、シーズン中の膝は真っ黒だし、あざもできるし肩はこるし、、
階段ののぼりおりもしんどくて、体力がないとやっていけない、、
華やかなイメージとは真逆なことだらけ。
しかし、元々接客も好きだったこともあり、頑張りが結果につながることにもやりがいを感じられて、売り子を始めた当初から大変な仕事の中にも楽しさを常に感じながら働けていました。


徹底した意識改革
1年目の頃からほぼ全試合出勤していましたが、ストレスなく楽しく働くために、敵を作らないようにすることに重きを置いていて、誰よりも遅くでて早く帰ることも多々。
店長から喝を入れられたこともあり、2年目の9月頃から一念発起します。
ビジター側で客席がガラガラな試合も少なくないのですが、早出もして試合終了まで販売するようになりました。
「今までは、出勤数は多いけど勤務時間は短かかったので、常連さんも「え!?なんでこんな時間にいるの!?」って。
最初は何があったんだってびっくりされてました。笑
でもそうしたら、常連さんもそのスタイルに合わせてくださるようになったんです。
試合開始前は比較的ゆっくりお話しできるのでこちらも有難いですし、試合が9回に入ってても「まだいると思ったから呑みに来たよ」ってかけつけてくださったりして本当に嬉しくて...😢
自分の頑張りを見ていて、こたえてくださる方がいるって幸せだな、もっともっとがんばらないとなって思いました。
だからその分私はなるべく多く球場にいよう!って思います。
いつ来てもいつもいる安心感、というんですかね...?
おつかれだったり落ち込んでたりする日もあると思うんですけど、いつご来場されてもいつもどおり笑顔でビールをお届け出来ていればいいなと思います。」


S__37715974.jpg

仲間も認める神対応
意識の変化が接客の向上につながります。
「正直、他の方と比べて特別なことはなにもしてないです...」と謙遜しますが、売り子仲間から「神対応だよね」っていってもらえることも多いそうです。
ひとりひとり丁寧に接客することは心がけています。
ビールを7:3の割合で提供するとか、ちゃんとかがんで観戦の邪魔にならないように注ぐとか、お礼はきちんと伝えるとか。
あくまでおいしいビールを提供することがお仕事なので、当たり前のことだけど、これが出来ていれば売り上げが下がっていくことはないと思っています。
その分時間がかかることもあるので、生半なんかは向いていないなって感じます。笑
スピード重視派には勝てません。笑」


S__37715975.jpg

「野球観戦の付加価値として、売り子とのやりとりも楽しんで頂けていればそれは理想だなって思います」と最後までお客様のことを考えてインタビューに答えてくれたかなみさん。
野球を待ちわびる皆様へメッセージです!
「また賑やかな球場でお会いできる日がたのしみです!
実はメットライフドームで一番お買い得なのはプレモルなんです
みんな神泡に悪戦苦闘しながらも頑張っているので、普段のまないなーって方も是非プレモルをのんでみて頂けたらうれしいです♩
そしていつも買ってくださっているみなさまありがとうございます!
これからもよろしくお願いします☺️

人との繋がりは大切な財産

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第26弾はナゴヤドームのまなさんです!
2年間の中に凝縮された、濃密な売り子生活を語っていただきました!

S__37617668.jpg

人と接する事が好きで、今しかできないことを探していたときにに、テレビで放送されていた売り子の特集を見て応募。
綺麗で爽やかなイメージから一転、すごく体力が必要だということを実感します。
始めたばかりの頃は、階段の登り降りや座って立っての繰り返しのせいでひどい筋肉痛
毎試合、試合開始前から汗だくで、サポーターをしていても膝は黒ずみ、痣もすごかったそうです。

楽しい空間作り
最初はビールの比率の作り方もままならず、上手に注ぐ事に集中してガチガチでしたが、慣れてくると杯数のことを考える余裕が生まれます。
どうしたら順位を上げられるか考えるようになり、自分はどういう売り子だと思われたいのか、自分だったらどんな売り子から買いたいと思うのかを意識するようになります。
「お客さんと接するときはもちろん、それ以外でも疲れた顔を見せず常に笑顔を心がけて、ビールを注いでいる時間もお話をしたり、楽しい空間づくりを努めました。
最も大切だったのは、こんなにも貴重な経験ができているのだという事に喜びと感謝をもって、毎試合自分自身が楽しむことなんだとも気づいたことです☺️
その気づきがあってからは徐々に売り上げも上がり、いい銘柄を持たせてもらえるようになりました!」


S__37617666.jpg

メモの活用
野球のルールに詳しくなくドームの構造にも無知で、始めたての頃はよく迷子になっていたというまなさん。
そのために常備していたメモとペンがお客さんのためにも役立つことになります。
「焦るとテンパリやすいタイプなので、そのときはメモを見ながら動く場所や時間配分を決め、立て直すようにしていました。
お客さんから「また来てね」と言われたら必ず行けるように、座席と時間の記録にも活用してましたね。
ニュースや試合結果などもチェックして、会話のレパートリーを増やすことも心掛けていました。」


S__37617669.jpg

こうしてお客様から愛される売り子になっっていったまなさん。
常連さんとのエピソードにも事欠きません。
その一つ一つが貴重な思い出です。
「今度あのお客さんにあったとき、この話をしよう!と考えたりするのも楽しかったです。
お客さんが自分の事を覚えてくれたり、親しくなっていくのがとても嬉しかったですね。
私の名前のプラカードやうちわを用意して呼んでくれたり、石橋選手のタオルを掲げて呼んでくれたり、各駅停車だから通る度に必ず来い!と言ってくれるお客さんもいました☺️」


S__37617670.jpg


売り子が教えてくれたこと
「売り子を経験したことで、人との繋がりの大切さを改めて実感しました。
自分がお客さんに誠実に接していれば、お客さんも自分のことを大事に思ってくれて、いざというとき助けてくれるし、同期や仲間と励まし合う事で乗り越えられた事もたくさんあります。
2年しか働いてなかったのにも関わらず、卒業の際は、お客さんや仲間が盛大に祝ってくれて、とても嬉しかったです。
人との繋がりを大切にしていて良かったと心の底から思いました。
同期の仲間が大好きで、これからもずっと集まりたい!一生の友達!って思ってます💕」


S__37617671.jpg

売り子を卒業する時のお祝いは、売り子生活の集大成でもあります。
こんなに盛大に見送られたまなさんはきっとステキな売り子さんだったに違いありません。
彼女がいたナゴヤドームの2年間は、多くのお客様の心の中でたくさんの想い出とともに刻まれていることでしょう。

工夫に溢れた販売技術

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第25弾は福岡PayPayドームのいずさんです!

S__37519365.jpg

売り子歴は今年で4年目。
マツコ会議で取り上げられた東京ドームの売り子さんの特集見たことがきっかけでした。
テレビで見たキラキラしてて華やかな仕事のイメージとは違い、実際は暑い中を重い樽を背負っての階段ののぼり下りの繰り返し。
試合の次の日は全身筋肉痛。
体力と気力がいる泥臭い仕事だということに気づかされます。

お客さんと仲間の助け
そんなイメージとの違いを感じながら始まった売り子生活ですが、共に働く仲間やお客さんが助けてくれます。
「試合中に先輩や同期がすれ違う時に笑顔で「お疲れさま!」と声をかけてくれたり、お客さんから「待っとったよ~、がんばれ」と声をかけてもらうことでキツさを乗り越えていました
毎試合出勤するようになったのは常連さんができてから。
いずさんの売り場は3塁ですが、1番遠いライトスタンドやスーパーボックスからわざわざ買いに来てくれる方もいます。
「私から買いたいって思ってくれて、毎試合お世話になる常連さん。
一杯でもそんな思い感じると本当にやっててよかったなぁと思います。」


S__37519362.jpg

臨機応変な販売工夫
一杯目を買ってくれたお客さんが固まっているところ常連さんがいるところを中心に売る日もあれば、試合の流れや他の売り子の動きを見ながら効率的に回る工夫もしています。
他にも、階段の1番上や販売できるエリアの端の方まで売り漏れがないようにしたり、手際よく売る時間とゆっくりアイコンタクトをとりながら売る時間とを分けながら売ったり、など最初に習ったことも焦りが出ると忘れてしまうので意識するようにしています!」


売り子から得たもの
体力強いメンタルコミュニケーション能力だと思います。
嬉しいことだけでなく、苦しいことや挫折も経験したので、どんなことがあっても乗り越えられる気がしてます笑
社会に出ても売り子のように何か夢中になれるものを見つけたいと思います笑」


S__37519364.jpg

「試合中はみんなライバルでバチバチですが、試合が終わって他の売り子が自己新記録を出したときはみんな自分のことのように喜ぶ環境も好きです。」と売り子の楽しさを余すところなく語ってくれたいずさん!
最後にメッセージを頂きました!

「今は制限されることがたくさんですが、自粛明けの野球観戦は普段の何倍も楽しく感じると思うので今は開幕を楽しみに待ちましょう!
私も開幕してみなさんにビールを売れることを楽しみにしています!

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

urikobeergirl

Author:urikobeergirl

月別アーカイブ

カテゴリ

売り子の神髄 (34)
アナザーフェイス (3)
特集記事 (5)
用語集 (0)
売り子 画像 (2)
バイト募集 (28)
売り子通信プロジェクト!! (0)
未分類 (11)
売り子ジャパン (1)
イベント情報 (7)
売り子 動画 (3)
東京ドーム 売り子 (14)
神宮球場 売り子 (1)
ZOZOマリン 売り子 (6)
ヤフオクドーム 売り子 (11)
メットライフドーム 売り子 (7)
ナゴヤドーム 売り子 (4)
ハマスタ 売り子 (1)
甲子園 売り子 (2)
マツダスタジアム 売り子 (1)
札幌ドーム 売り子 (0)
楽天生命パーク 売り子 (4)
京セラドーム 売り子 (0)
杯数アップ (3)
思ったこと (14)
売り子になるには (4)
元売り子ブログ (20)
質問集 (0)
野球のお勉強 (12)
サロン会員限定 (6)
野球と売り子 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人