売り子通信 売り子の神髄
FC2ブログ

売り子通信

JKでの売り子デビュー

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第23弾はメットライフドームのまなさんです!
高校一年生で売り子デビューを果たした彼女に売り子の楽しさを教えてもらいましょう!

S__36913158.jpg

元々野球が好きで、小さいころからよく野球場に通っていたというまなさん。
売り子のバイトが可能になる高校生にあがるとすぐにの16歳の若さで売り子を始めます。
2年間はコーヒーのUCCで売り子をしていましたが、ビールへの憧れを抱いていたため3年生のときにアサヒビールに移籍します。
ビールの売り子としての初出勤の日、すべてが違うことに驚かされます。

S__36913159.jpg

気持ちの変化
「買っていただくお客様の層も違いますし、uccの頃はゆっくり自分のペースで売っていたのですが、競争というか、もっともっと頑張らないとっていう気持ちがビールの売り子を始めてから強くなりました。
今まで私はなにに対しても適当になんとなくやってきましたが、ビールを売るようになってすごく負けず嫌いになり、努力をしたり、熱くなれる性格に変わりましたね。」


S__36913157.jpg

絶えぬ向上心
負けず嫌いに変化した性格も相まって、向上心も怠らない。
「ビールを注ぐ数十秒でお客様を満足させるようなコミュニケーションが取れているか不安なので、今シーズンは「この子からまた買いたい!」って思っていただけるような接客を意識していこうと思います。
お客さんたちから愛される売り子になりたいです!
それと要領よくなりたいと思うことが売り子をしていると頻繁に思うので、この先の売り子をすることができる四年間で身につけて売上上位を狙います!」


S__36913154.jpg

接客の喜び
「一番はお客さんにお礼を言われることです。
「まなちゃん!いつもありがとう。またよろしく!」たくさん声かけてくれる方がいることがもう嬉しいです。
最初は少なかった常連さんがどんどん増えていくことにやりがいを感じています
毎日お客さんに会えることも楽しみの一つです。
売ろう売ろうと考えてる日はなかなか売れなくて、売り子って面白いなって思います。
その日自分で立てた目標杯数を超えると達成感がすごいです。
それが楽しくて楽しくて他にはないバイトです。」

S__36913156.jpg

元気いっぱいで答えてくれたまなさん。
最後にメッセージをいただきました!
「いつ開幕するかわからない状態ですが、1日でもコロナが終息し、野球が始まることを楽しみにしています!
はやく皆様に笑顔とビールを提供したいです❤︎
メットライフドームでお待ちしております!!」

一人ひとりを大切に。

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第22弾はナゴヤドームのあかりさんです!

S__37093379.jpg

―売り子歴を教えてください。

今年で4年目です。

―売り子になったきっかけは?

高校の先輩でやってる人が多く誘っていただいたのと、小学生の頃チアドラキッズを習っていてドームに関わることが多かったので興味があったのがきっかけです。

―売り子になってみてどうでしたか?

バチバチしてるイメージがあったのですが、みんな仲良くて切磋琢磨していける環境なので楽しいです。

―どうやって杯数を伸ばしていったのでしょうか?

やはり年数を重ねる毎に売り方がわかってきたり、お客様が私のことを覚えて何回も買ってくれたりしたということもあり、アサヒを持つ機会が増えて杯数も年々多くなりました。
入ってすぐの頃はどういう売り方をしたら相手にいい印象をもってもらえるかなど探り探りの状態だったのでいい結果が出ず伸び悩むことも多かったです。
しかし、そういう時にも励まし合い、お互い改善点などを出し合える仲間がいたからこそ、こうやって今も続けて来れていると思います。

―接客のポイントは?

また買いたいって思ってもらうために、ひとりひとりの顔を覚えたりそこから会話を弾ませたりしていることです。
ただ感謝を伝えるだけでなく、一人一人、その人としかできないお話をできるように心がけています。
お客様に笑顔になって貰える時や、あかりちゃんのビールがいい!といっていただけるときは売り子をやっててよかったと思えます。

―最後にお客様へのメッセージをお願いします!

今年はコロナの影響で混乱してる方が多いとは思いますがナゴヤドームを一緒に盛り上げましょう!ぜひナゴヤドームにきてください!まってます!

杯数一桁からの逆襲

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第21弾はペイペイドームのゆりかさんです!

S__36962308.jpg

高校生のときにおのののかさんんが出ているテレビ番組を見て売り子を知り、大学生になったら始めようと思ったのがきっかけ。
今年で4年目を迎えます。

一桁からのスタート
キラキラしていて、何百杯もビールを売ってて楽しそう!
そんな華やかなイメージとは程遠い現実が彼女を待ち受けます。
「一番のギャップは思ったよりぜんぜん売れない!ってことでした💦
売り子初日の杯数は今でも覚えてますがたったの7杯
30杯を超えるまでに3日くらいかかりました笑笑
肩も足も痛くなるし、とにかくキツかったです^^; 」


S__36962306.jpg

模倣と創造
自分でも驚くような杯数でスタートしましたが、初出勤から一か月後のゴールデンウィークの頃にはそこそこ売れるようになったっそうです。
とにかく先輩を真似ました!
いろんな先輩方の良いところを盗んで自分のものにできるように。
そして、売り子を管理するチェッカーに相談したりもして、遠くから見た自分はどんな感じかとか教えてもらい、直せるところは直し、褒めてもらったところは伸ばす!っていうことも取り組んだことの一つです。
また、お客様の入りや常連さんの場所、飲むペース、試合展開、時間配分を常に頭に置いて効率よく動くことも心がけました!
常連さんには出来る限り試合終盤から挨拶まわりに行くようにしています。
あとは、ビールがよく売れる忙しい時間の売り方ですかね。
やはり、忙しい時間だと短時間にどれだけのお客様にビールを提供できるかが売り上げの鍵となってきます。
その時間の売り方が自分の強みかと思っています。」


S__36962315.jpg

目標設定
ゆりかさんはシーズンの初めに必ず具体的な目標をたてます。
・三塁側1位になる
・300杯を達成する
・売り子の憧れであるプレミアムビールを持つ
 など
それを達成できたとき、大きな喜びに変わります。
「自己新が出たりする時は努力が実ったって感じがして嬉しくなりますね!
他には、以前買っていただいたお客様にリピートしていただいたり、私を選んで買っていただいているお客様がいることも本当に嬉しいです!
会場のボルテージの上昇とともに、私たち売り子も一緒になって盛り上がれるときなどもとても楽しく感じます!」


S__36962309.jpg

思わぬ杯数から始まった売り子人生ですが、今ではプレミアムビールを持てるまでになったゆりかさん。
彼女の成功は、まだ芽が出ていない多くの若手にとって希望になるはずです。
「コロナウイルスの影響でプロ野球開幕も延期延期となっていて、退屈な日々が続いていると思いますが、開幕の日が来たその時は一緒にプロ野球盛り上げていきましょう!!

感謝と笑顔の13年

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第20弾は売り子を辞めた現在でも未だに根強い人気を持つしほさんです。

S__36978694.jpg

―売り子歴から教えてください。

13年間です。

―売り子を始めたきっかけは?

元々野球が好きだったのでいつか売り子をしてみたいと思っていたからです😊

―当時と比べてすっかり人気バイトになりました。

そうですね、昔は全然人気バイトではなかったですよね😅
今は芸能界にスカウトされたりするぐらい注目されるバイトになって、その辺は昔とは全然違うなぁと感じます。

S__36978695.jpg

―人気の上昇を感じることはありましたか?

西武ドームで売り子をしていた時に、球場以外でのイベントにも売り子として参加させていただきました。
昔はあくまで売り子は試合中にビールを売るという野球場内でのお仕事だったのが、その枠を超えて売り子というブランドになってきてるんだなぁと感じました。
イベントで知り合った方で野球はよくわからないけど買いに来たよって言ってくださる方もいたりして、杯数は年々のびていきました。

S__36978690.jpg

―しほさん流の杯数を伸ばすポイントは?

すごく基本的なことですが、どんな時でも笑顔でいることを心がけていました。それからお客様の目を見てありがとうを伝えることも大切だと思っています。
西武ドームでの話になりますが、できるだけきちんと一周回るようにしていました。
規則的な動きをしている方が、お客様も買いやすいと思ったので😊

S__36978692.jpg

―杯数の伸び悩みに苦しむ売り子さんにむけてアドバイスをするとしたら、どのような言葉を頂けるでしょうか?

この仕事は、始めたばかりの頃は全然売れないことが多く体力的にもきつくて辛く感じると思います。
ですが常連のお客様が増えてくると、どんどん楽しさが増していきますよ😊
試合を観ることだけではなく、私の注いだビールを飲むことを楽しみにしてくださっている方がいるんだと思うと、今日も頑張ろう!って思えます✨
お客様といろんなお話をしていると本当に楽しくて笑顔になれますし、笑顔になることで自然と売り上げにもつながっていきます
売り子という仕事は、たくさんの方と出会うことができ自分の頑張り次第で売り上げも変わってくるので、何年やっても飽きることのない奥が深い仕事だと思っています😊
売り子はずっとできる仕事ではないので、現役の売り子さん達には楽しみながら頑張ってもらいたいです🌸

S__36978693.jpg

―野球ファンへメッセージをお願いします!

コロナ終息に向けて、今は皆で力を合わせて乗り越えましょう!
一刻も早く以前のような生活に戻り、思いきり野球観戦ができることを願っています。
観戦できるようになったら私も球場へ足を運び、皆さんと一緒に盛り上がりたいです😊


「生まれ変わっても売り子になりたいぐらいこの仕事を愛しているので(笑)、お話しできて嬉しかったですし楽しかったです😊」と終始優しく丁寧に答えてくださったしほさん。
私も早く球場で観戦できる日が訪れるのが待ち遠しいです。

負けず嫌いなエンターテイナー

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第19弾は東京ドームのなほさんです!
常に強い気持ちをもって戦う彼女の内側をご覧ください!

S__36954116.jpg

負けず嫌いな性格
大学に入る前から、勉強や部活でも負けず嫌いを発揮していたなほさん。
特に塾に通っていた頃のテストの成績順で座席が決まるような、頑張ったことが評価される仕組みが好きで、売り子といううってつけの仕事を見つけます。
「私は通常より遅めの5月に初出勤だったので、他の子よりもスタートが遅く、焦りの中での売り子生活の始まりでした。
とりあえずサブアルの中でちゃんと目立つくらいの杯数だして、チャンスをもらえるようにひたすら頑張りました。
一年目の8月くらいから内野のバックネット裏でビールをもてるようになったのですが、売り上げを落としてビールをおろされないように一分一秒気を抜かないで売り子をしてましたね。」


S__36954118.jpg

苦しんだ時期
一年目はただひたすら頑張ればそれでよかったのですが、二年目になると壁に直面します。
杯数の伸び幅が小さくなり、思うように売り上げが出せません
年配のお客様が多く、ビールからハイボールなどに流れやすいバックネット裏という売り場の特徴に苦しみ、なおかつ他社に負けられないというプレッシャーもあり試合中に悔し涙することも。
「その時期は売り子をするのもしんどくなって、、でもそれで休んだら負けですし。
自分とのたたかいだ!って言い聞かせながら。自分に負けて休むことだけは絶対にしたくありませんでした。
売り子に行きたくないけど、負けられない。しんどいけど頑張るみたいな。
当時の心理状態は矛盾しまくっててよくわからなかったです!


S__36954114.jpg

転機の都市対抗野球
頑張って出勤を続けたことで転機が訪れます。
都市対抗野球のビールのメンバーに選ばれたのです。
大会中の売り子は、1日3試合を各ビール会社6人という少数精鋭で戦うため、ビールを背負うことのできる売り子は限られます。
日頃の頑張りが評価されたことで、さらにモチベーションがあがり責任感をもって取り組んだ結果、数試合で全社で杯数1位を獲得することができ、ずっとやりかった二階席の売り場をつかみ取ります

長所を活かした杯数作り
ただ出勤していても杯数は伸びませんし、チャンスも訪れません。
何かしらの武器があると思い、なほさんの売上アップ術をお伺いしました。
「私は接客を褒められることが多かったので、まずはその長所を伸ばすことを意識しました。
買ってくれた人のことを覚えるのはもちろんなのですが、他の売り子との違いを作り出すために、例えば心にキュンと響きそうな一言(笑)を接客時の会話に付け足すとか。
それがウケるかどうかよりも会話のきっかけ作りとなりますし、何より自分自身も楽しめます。
動き方に関しても自分の苦手なところは先輩やチェッカーさんのアドバイスを素直に受け入れて、階段を上りきるだとか、トンネルからの新規を見逃さないなどといった基本的なことを最後までやりきること徹底してます。」


S__36954117.jpg

売り子の財産
「未だに販売前はプレッシャーや売れなかったらどうしようとかネガティブなことを考えてしまうのですが、笑顔でやらなきゃ売れないので必然的に笑顔になって、その笑顔が楽しい気持ちにさせてくれます!
身についた接客力と忍耐力は売り子から得た財産です。
私からビールを買ってくれたお客様全員に野球観戦を楽しんで帰ってもらいたいので、そのエンターテイナー的な気持ちが接客力の向上につながったのだと思います。
自分の売り上げた数字と向き合い、良い日も悪い日も自分なりに考えて次に活かすこと。
杯数を出せた日の嬉しさが苦しいときに自分の足を動かしてくれます。
そして、お客さんを1番大切にして感謝の気持ちを伝えられる接客が自分を磨き上げていくでしょう。
さらに負けず嫌いになったかも(笑)」


S__36954120.jpg

売り子への想いを熱く語ってくれたなほさん。
最後にお客様にメッセージを頂きました!
「わたしのこと覚えてくれてるかな~😂😂
覚えててくれてて次売り子したときに買ってくださった方本当にだいすきです!笑
またおいしくビール注ぐので野球観戦一緒に楽しめるのまっててください✨❣️」

七色の接客テクニック

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第18弾はペイペイドームのゆきのさんです!
銘柄やお客様によって臨機応変に売り方を変える彼女の技術に迫ります!

S__36790274.jpg

大学1年生の時に友達に誘われ4年目を迎えるゆきのさん。
売り子の仕事はテレビを見て知っていたそうですが、実際に働くとキラキラしたイメージだけではありませんでした。
頭と体力が必要だということを入ってすぐに実感します。

S__36790278.jpg

売れた日の感覚を忘れない
売り子1年目の杯数は同期の中でも下の方でしたが、2年目のある日いきなり杯数が伸びます。
「そこからは1度売れた感覚を忘れないように、毎日シュミレーションして売れた日の杯数をモチベーションにしてました!
ランキングに入れるようになったのは2年目の半ば過ぎてくらいで、杯数が安定してきたのは3年目になってからだと思います!」


S__36790279.jpg

異なる銘柄を背負う
福岡PayPayドームにはアサヒビール内だけで複数の銘柄が存在します。
お客様の好みや売り子の人数も変わってくるので、自分が背負っているビールによって売り方も変わってくるわけです。
「2年目の半ばから樽生という黒と黄色のユニフォームを少しずつ持たせていただけるようになり、3年目になってからは樽生を中心に3試合に1度くらいの頻度でプレミアムという青と黄色のユニフォームのビールをローテーションでもてるようになりました!
樽生はとにかく動くことを意識して、プレミアムはプレミアム好きのお客様を見つけつつ、自分の売り方を心がけてます。
みんなが持っているビールと違い少人数しか持てないビールなので、樽生もプレミアムもなるべく同じビールを持っている売り子の近くでは売らないように意識してますね。」


S__36790277.jpg

大事なのはペース配分

ペイペイドームでは試合開始前のハッピーアワー(1杯500円)や、8回裏時点でホークスがリードしているに実施される勝利のビール(カップが小さくなり1杯500円)など時間帯によってビールの値段が違います。
「ハッピーアワーはお客様も今のうちに飲もうって方が多いので、さばきをなるべく早くしています!
試合が始まってからは通常価格に戻るので比較的ゆっくり売るんですけど、8時くらいまでは仕事終わりでまだお客様が入ってくるので、新規のお客様を捕まえれるように入口を意識して見つつ、飲みそうなお客様の通路を中心に回っていました!
試合終盤はビールを飲むお客様は少なくなるのでゆっくり売ることが大切なのですが、私は体力が無いので後半は杯数が落ちてました😅
なので終わりが近づくほどなるべく疲れた顔をみせないように意識して、タイミングを見計らって常連さんのところに行くようにしてました笑」


S__36790281.jpg

お客様の特徴を掴む
特に初見のお客さんはどんな方なのかを見極める必要があります。
「サラリーマンの方など飲みそうなお客様の所には必ず行って、買っていただけなくても顔を覚えて貰うように話しかけに行ってましたし、買っていただいたお客様には必ず試合終わりに挨拶に行くことを徹底してました!
あと、お客様の中には試合に集中したい方も多いので、なるべくしゃがんで邪魔にならないよう気をつけてます☺️
くじけそうになった時とかは何組かいる夫婦の常連さんに慰めてもらったりしてます笑」


S__36790276.jpg

いろんなところに気を配りながらビールを売るゆきのさん。
最後にお客様へステキなメッセ―ジを頂きました。

「こんな私から買ってくださるお客様が心の支えで、ここまで辞めずに頑張れています!
今シーズンどうなるのかまだわかりませんが、ドームでお会いするのを楽しみにしています!

華麗なる転身

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第17弾は以前アナザーフェイスでもご紹介したかほさんです。
ステキな笑顔と人柄あふれるインタビューをどうぞ!

S__36732937.jpg

イベントスタッフからの転身
売り子3年目のかほさんですが、元々ナゴヤドームで行われるコンサートなどのイベントスタッフ。
そのときにキラキラしていてとっても楽しそうに仕事をしている売り子を見て自分もなることを決めました。
「お疲れ様です!」って声をかけてもらったことが嬉しかったのを覚えているそうです😊

晴れて売り子になったもののそのハードさに気づかされます。
キラキラで華やかなイメージとは裏腹に、シーズン中の足はあざだらけ体力も必要
ただ歩いてるだけでは売れず、売り子の難しさを実感します。

S__36732939.jpg

大切なのはコミュニケーション
売ろう売ろうと頑張ってたものの全てうまくいかず…
接客の質を変えることを意識し始めます。
お客さんの顔を覚えるのはもちろん、好きなものまで覚えたりしてビールを注ぎながらお話しをすることを心がけることに。

「そうすると「またかほちゃんから買うね!」と言ってくださる方が増えました😊
そんな言葉をくれるお客さんが増えてから、自分自身売り子がすごく楽しくなったんです!
今日もあのお客さんいるかな?なに話そうかな!みたいな感じで笑」


S__36732940.jpg

ひたすら動き回る
バレーボール経験者のかほさんは体力にも自信があるそうで、毎回限界まで動き回ってビールを求めてる方を探します。
どんなに疲れていても、とにかく足を動かして球場をウロウロ。
ナゴヤドームの売り子はエリアが決まってないので自由にドームを回れるのですが、彼女は決まって1塁側
そうすることで毎回同じお客さんが買いやすくなり、お客さんも彼女をすぐ見つけられます
加えて、売り子がいないところを瞬時に見つられるように、周りを見ながら動くテクニックも必要なようです。

S__36732936.jpg

二つの喜び
売り子をしていて感じる喜びが、かほさんには二つあります。
一つはお客さんとのコミュニケーションをとっている時
お客さんとお話ししている時は本当に楽しいです!
野球以外のお話をしてくださる方もたくさんいて、そのたびに勉強になります。
あとはたまにお土産をくださったり誕生日にプレゼントをくださる方もいるんです😂
私のために選んでくださったその気持ちがとても嬉しいです!


もう一つは売り子の友達や先輩、後輩との関わり
「みんなほんとに可愛くて面白くて優しい人たちばっかりなんです。
普段はライバルかもしれませんが、なんでも笑いに変えてくれる同期や、相談に乗ってくださる先輩、慕ってくれる後輩との会話や遊ぶ時間が大好きです。
売り子やってて本当によかったと思える瞬間ですね。
売り子以外のことでもたくさんのことを話せるのは嬉しいです!!」


S__36732938.jpg

売り子から得た経験や財産を余すことなく語ってくれたかほさん。
最後にお客様へのメッセージを頂きました!

「いつもありがとうございます!
伽帆ちゃんからまた買うねと言ってくださる方がいること、本当に嬉しく思います。
自分に自信がなかった私は皆さんに出会ってから少しだけ自信を持てるようになりました
今シーズンはどうなるかわかりませんが、もし売り子があればこれまでと同じように応援してくださると嬉しいです。
また皆さんの素敵な野球観戦のお手伝いをさせていただけますように🍺⚾️

飾らずに、誠実に。

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第16弾はステキな大人女子のれいなさん。
現在は会社員として働く彼女に売り子界の陰と陽をお伺いします。
S__36708362.jpg

一生の仲間とお客様との出会い

売り子から得たいい経験は、まず一生関わっていける友達・仲間が出来た事です。
シーズン中はほぼ毎日みんなといるのが当たり前で、同期がいなければ4年間続けることは困難でした。
そして、沢山のお客さんに出会えたことです。
こんな私のためにわざわざ遠くから会いにきてくれたり、会えただけで元気が出たよって言ってくだったり、もう飲めないはずなのに、無理して飲んでくださるお客様もたくさんいました。
毎試合感動して泣きそうなぐらい嬉しかったです。
それと売り子は歩合なので頑張れば稼げるし、努力が結果に目に見えて繋がるということも面白かったです。

S__36708361.jpg

他社との競争は常に戦場
売らなくていけないというプレッシャーには一番苦しみました。
私は1階三塁の売り場だったのですが、自分の会社で三塁で1番の売り上げでした。
だからこそ目標杯数が高く、他社に負けてはいけないというプレッシャーで押しつぶされそうな時もありました。
今では仲良しなんですけど、他社のライバルと喧嘩したりとか…笑
東京ドームの売り子は毎回戦場っていうか、女の戦いっていう感じで、いかにして限られた通路から、自分のお客さんにしていくのかというのがとても難しかったです。
あと、売り子に受かってすぐにアルコール売れると思ったんですけど、私が1年目の時はビールの先輩が沢山いて出れる枠がなく、同期みんなで飲料売ってたんです。
飲料での下積み期間の長さもキツかったですね。
飲料でもアルコールでも、あんなに重いものを持って、3時間以上階段駆け上がって走って、普通の女の子では到底出来ない事だと思いますね。
売り子さんって本当すごいなって思います。

S__36708358.jpg

時には掲示板に書かれることも…
アンチがキツかったですね。。売り子の2ちゃんにある事ない事書かれたり、3年目の時にそれが多くなって、お客さんに「書かれてるけど、大丈夫?」って言われて、知ったって感じです😂
とっても素敵な事書いてくれてる人もいれば、悪いことばっかり書かれてる人もいますし、気にして見ちゃって泣いてたりもしたんですけど、、
同期たちが「私たちやれいなのお客さんがあなたを理解してるよ」って言ってくれて、私はアンチコメントも良い方向に捉えられるようになりましたね。
色々と書かれてしんどかったですけど、それがあったから自分も人に対して誠実で優しくあるべきだって気づけました!
売り子していてメンタルは強くなったとおもいます。

S__36708363.jpg

売り子は特別な経験
売り子をしてて辛いな辞めたいなってときもあると思います。
努力しても杯数がでない事もあるし、保証にされて売り場に出してもらえないこともあると思います。
でも沢山売り場を動きまくって、どんな売り子よりもお客さんの前に顔を出す回数を増やして、自分らしく着飾らないで、いつも笑顔で接客して努力していれば、絶対見てくれてる人はいるし、自然とお客さんは出来ると思います。
売り子という仕事はみんなが経験できる事ではないです。
沢山のお客さんと出会える事、本当に幸せな事だと思います。
とにかく楽しんで働いて欲しいって思いますね。

―現役の売り子さんへの想いも伝えてくれたれいなさん。
いつでもポジティブにとらえる生き方は学ばなければならないと感じました。

プレミアムは努力の結晶

売り子から売り子へのインタビュー 「売り子の神髄」
第15弾はPayPayドームの重鎮 しおり さんです!
彼女が掴んだプレミアムまでの道のりをお届けします!

S__36667416.jpg

知り合いの先輩が売り子をしているいう話を聞いた。

沢山動き回るので良い運動になるし、しかもお金が稼げるなんて最高だ!と思って売り子を始めてから6年目を迎える。

当時はこんなに身体的にも精神的にもキツいものだと思っていなかったので、今思い返せばとてもふざけた理由だなぁと笑って振り返る。

ただのバイトではない空気

「PayPayドームは私が始めた当時売り子の基地と売り場が4つに分かれていて各エリアごとに雰囲気も全然違ったのですが、私のエリアは部活動のような雰囲気で最初自分が思っていたバイトの雰囲気と違ったのでびっくりしたのを覚えています。」

1年目のランキングに入れたりする事もあったが、今の新人の子達と自分の新人時代を比べると全然杯数も出ておらず、売れない時間帯やキツくなるとすぐ休憩したりもしていた。

百聞は一見に如かず

自分の頑張りがなかなか杯数につながらず、周りとの差に焦ることもあったが、とにかく出勤しようと決めた
時には点滴をうった直後に試合に臨むことも。
そんなある試合で、「君は毎試合絶対いるよね。いつも頑張ってるの見てるよ!」声をかけてくださったお客さんに出会う。

本当にその一言が嬉しくて、それがきっかけでもっともっと頑張りたいと思ったし、どうすれば杯数が伸びるのかを更に真剣に考えるようになりました
ノートにその日の反省点や次の試合で意識することや目標を書くようにしたり、試合の展開や時間を見て売り方を変えるようにしています。」


先輩達のアドバイスを元に自分なりの売り方が定着してくると杯数が安定して出せるようになり、やりがいや楽しさも更に感じれるようになったそうだ。

S__36667415.jpg

「まだまだ反省することも多いし、納得のいく杯数がだせないことも多いので今のままで満足せず、お客さんへの感謝の気持ちを忘れずにもっともっと頑張らなきゃなって思います。」
と謙遜するしおりさん。
売り子のやりがいを教えてもらった。

「私がプレミアムビールを持てるようになったときに、新人の頃から応援して下さっていたお客さんがすっごく喜んで下さったんです。
それだけじゃなく、年に数回観戦に来られているお客さんで私に会えると嬉しいと泣いてくれるお客さんや、私は主にバックネット裏~レフトスタンドのビジターエリアで販売しているのですが、ライトスタンドから毎回ビールを買いに来てくださるお客さんもいらっしゃいます。
売り子カードになれば沢山集めて下さる方や、プレミアムビールは苦手なのに私だからと買って下さるお客さんもいらっしゃいます。
その他にもたくさん、言い出したらキリがないほど沢山の優しいお客さん達に出会えたことが売り子を始めて1番幸せだと感じる瞬間だし良かったと思う事です!
毎年沢山新しい子が入って来るのにそれでも変わらずに可愛がってくださり、応援してくださる方達がいて本当に私は幸せ者です
お客さん達と色々なお話しをしたり、疲れました~!って愚痴を聞いてもらったり。笑 
毎試合お客さんにお会いできる事が楽しみになっています。
もちろん自己新を出せたりすることや、素敵な同期や先輩、後輩に出会えたことも喜びの1つですが、やっぱり1番は沢山の優しいお客さんと出会えたことですね!」

S__36667413.jpg

最後に、杯数に伸び悩む若手の売り子さんへアドバイスをいただきました!

「私は基本的な事ですが最後まで笑顔でいることを意識し直したり、自分が入った列ではお客さんを見逃さないように一度登り切っても、もう一度降りてみて往復してみたり…ほんの少しのことだけどそういった事から見直してました
誰にでも杯数が伸び悩むことはあると思うので、そこで腐らずに自分なりの売り方を探してみてください!
私もまだまだなので一緒に頑張りましょう!

お客様と共に歩む17年

売り子から売り子へのインタビュー「売り子の神髄」
第14弾は売り子界では知らない人はいないメラドのなみこさんです!
彼女の売り子生活をほんの少しではございますがお届けできたらと思います!

S__36356101.jpg


高校生の時に先輩に誘われてなんとなく始めた初めての仕事が17年続いている。

この仕事を始めた当初は野球も全然興味はないし、お客様との会話もなし、なんとなく歩いているだけの売り子。

2,3年はそんな感じだった。

今と違って全然人気バイトでもないし本気の子も少なかったので、それでもまあまあ売れていた。

しかし、売り上げがやがて停滞してくる。

面白くない…そう思い、辞めようか迷っていた。

そんな彼女を先輩の言葉が救う。

「売れない時はお客さんと話しながら楽しんでやれば」

そこから意識が変わった。

S__36356100.jpg

「それまで自分から全然喋りかけなかったのを、積極的に話しかけるようになり、そうするとまた自分から買ってくれるようになり、そこから常連さんを意識するようになりました」

3年目から売り上げ1位となるなみこさん。
「当時は売り子に本気な子もそんなにいなかったから」と謙遜するが、何事も1番になる人には理由がある。

「毎年自分の目標杯数(1日、年間)と戦ってる方が多かった気がします💦毎年、去年の自分の売上には負けないように売ってます!」

自分との戦いに打ち勝つこと。
その日、その年、とにかく前より今の自分を大切にする。

S__36356102.jpg

1位のプレッシャーもある。
売上だけでなく人間性も向上も目指す。
これがなみこさんの本当の強さなのかもしれない。

「勝手に感じてるだけかもしれませんが、他の売り子や裏方、常連ではないお客様からも”1位の子でしょ”という風に見られるのでプレッシャーはあります。
歴も圧倒的に長いですし。
だからこそ、売上が良いだけじゃなく周りから見られても恥じない1位でいないと、と思ってます😊」


S__36356098.jpg

シーズンは長い。
それを10年以上続けるためにはモチベーションを保つことも簡単ではないはずだ。
自分との戦いに比重を置けば置くほどなおさら。
常連さんへの感謝の気持ち

「もちろん、売れば売るほどお給料にダイレクトに繋がることもモチベになりますが、ガラッガラの極寒の日でも、ビールが気持ち悪くなりそうなくらい暑い日でも(西武ドームあるある)いつもと変わらず、買ってくださる待っててくださる常連さんがたくさんいることが1番です!
あの西武ドームの雰囲気の中で、一緒にワイワイ応援したり、ちょっと休憩しつつ(笑)マニアックな野球の話をするのとかが楽しすぎて、いつも常連さんに支えられてます😊」


なみこさんの売り子の歴史は、常連さんとともに歩んで築かれた財産だった。

S__36356103.jpg

まだ開幕もいつになるかわからない状況です。
最後にお客様にメッセージをお願いしました!

「1日でも早くコロナウイルスが終息し、皆さんとメットライフドームでおもいきり盛り上がれること楽しみにしています!!
その際は、全力で美味しいビールと、笑顔でお待ちしています😊
私も早くビジター球場で頑張ってる売り子さんからビールを買って西武の応援をしたい!!今大変な時期をみんなで乗り越えましょう!」

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

urikobeergirl

Author:urikobeergirl

月別アーカイブ

カテゴリ

売り子の神髄 (33)
アナザーフェイス (3)
特集記事 (5)
用語集 (0)
売り子 画像 (2)
バイト募集 (28)
売り子通信プロジェクト!! (0)
未分類 (11)
売り子ジャパン (1)
イベント情報 (7)
売り子 動画 (3)
東京ドーム 売り子 (14)
神宮球場 売り子 (1)
ZOZOマリン 売り子 (6)
ヤフオクドーム 売り子 (11)
メットライフドーム 売り子 (7)
ナゴヤドーム 売り子 (4)
ハマスタ 売り子 (1)
甲子園 売り子 (2)
マツダスタジアム 売り子 (1)
札幌ドーム 売り子 (0)
楽天生命パーク 売り子 (4)
京セラドーム 売り子 (0)
杯数アップ (3)
思ったこと (14)
売り子になるには (4)
元売り子ブログ (20)
質問集 (0)
野球のお勉強 (12)
サロン会員限定 (5)
野球と売り子 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人