売り子通信

二個注ぎ

二個注ぎとは...



片手にカップを二つ持ちながらビールを注ぐテクニック。
これをすることによってビールの提供を素早く行うことができ、迅速な客さばきが可能となるため売り上げのアップにつながる。


この技術を習得するには練習や経験が必要となるため、見よう見まねでやろうとするとお酒をこぼしたりお客さんに液体をかけてしまう恐れがあり大変危険である。

売り上げを伸ばしていくためには必要になってくる技術のひとつですが、ビールを売らせてもらえないようなレベルの売り子がやってはいけません。

少なくとも1カ月以上はビールに定着するようになるとか、売り上げがベスト10に入るようになって初めてやってみようと思ってください!

コチラの記事で紹介されている笹森青帆さんは片手に三個持っちゃうらしいです!凄い!

3/3,3/4 東京ドーム

今シーズンの初観戦に行ってまいりました。

席は二日間とも二階席。

東京ドームの初戦ということもあってなかなか混んでましたね。

開場とともに入れたこともあって、自由席でしたが通路側を確保できました。

試合結果は巨人が連勝。

特に3日はサヨナラ勝ちでだいぶ盛り上がりましたね。

個人的には青木選手を見れたのが嬉しかった(^-^)

肝心のお酒ですが二日間で6杯買わせていただきました!

内訳は



3日
1杯目:プレモル
2杯目:ドライ
3杯目:ハイボール

4日
1杯目:一番搾り
2杯目:エビス
3杯目:氷彩サワー


とりあえず満遍なく飲もうと思い、こんな感じになりました。

いやーもっと飲みたいんですけど、なかなかつらい(笑)

どの会社もビールはベテランや売り上げ上位の子が推測ですが売ってたように感じましたね。

4日に買ったサワーの子は明らかに新人でしたね。

ポーチのお金がめちゃくちゃで、少し表情が硬くて、でも声は気持ち大きくてなんだかかわいらしかったです。

今回は様々な銘柄を飲むことをテーマにしましたが、毎回違うテーマを決めて臨む予定なのでお楽しみに!

(売り子さんの写真は自身の経験も踏まえて、基本的に撮らないつもりなんでご容赦ください

出し

【出し】とは…



売り子の販売を開始する時間のこと。
対義語は「上げ


出しの時間は球場によって違いで、

あらかじめ決まっている球場

お客さんの入り具合によって時間が変動する球場

売り子自身で決められる球場


など異なる。

出しの時間が自由な球場だと、ベテランの売り子さんや気合いが入った売り子さんなどを開場後にすぐ見かけるようになります。

試合開始の1時間〜30分前からの販売が一般的です。

お気に入りを捕まえようと開場直後に球場に入っても、いない場合があるので気をつけましょう。

吹き溜まり

【吹き溜まり】とは…





売り上げに伸び悩み、気づいたら年数だけが3、4年たってしまっているお荷物的な売り子。

吹き溜まる要因としては

売れる見込みがないのに、出勤がいいためにシフトを削られにくくビール以外の品目でもある程度収入を得られる

売り上げのいい仲良しな同期がいるために辞めにくい

ルックスがいいにもかかわらず、頭脳が伴っておらずポテンシャルを活かしきれない


などが挙げられます。

吹き溜まり売り子は後輩の売り子からの尊敬を得られにくく、チェッカーからしても扱いが難しいので大変うとまれる存在です。

当の本人も自分が売れていないことに気付いているので、性格の良さを前面に押し出した「いい人」を演じるようになり、より一層邪険にしにくくに困ります。

自分が吹き溜まっていると感じたら、騒ぐことなく静かに売り子界から去りましょう。

売り子バイト募集 新着

札幌ドームが売り子の募集をしています。



アルバイトの応募はコチラ
05282141.jpg

« 新しい記事へ  | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

ゆりな

Author:ゆりな

月別アーカイブ

カテゴリ

サイトマップ (1)
コラム (12)
特集記事 (2)
用語集 (7)
日常 (3)
売り子 画像 (1)
バイト募集 (21)
未分類 (11)
東京ドーム 売り子 (2)
神宮球場 売り子 (0)
マリン 売り子 (2)
ヤフオクドーム 売り子 (2)
売り子ジャパン (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by 頭いい人